寒くなったら赤を点す

赤いパッケージが新鮮な、
CHANELのヌメロ・ルージュ。

e0268763_19354571.jpeg


四色あるうちの1番を選びました。

つける前は、
少しワインカラーのニュアンスを感じる
3番かな、と思っていた。

つけたところ、想定内の似合い具合。

反対に、ハッとしたのは1番。
赤い口紅の威力を知るの巻でした。
顔全体が明るくなり、肌が均一に見える。
これから寒くなる季節、
コーディネートもダークカラーが主軸、
唯一といっていい色を唇にだけ。

ワインカラーは安心の色、
この赤は安心圏内から踏み出す色。

そんな今年の秋冬。




[PR]
# by millei | 2017-11-19 19:34 | 美・健康 | Comments(0)

e0268763_07523153.jpeg


ベージュトレンチの着こなしレッスンちゅう。

グレーパンツ ジョセフ
黒パンプス ジョルダン
黒バッグ トッズ

普段の私であれば、
グレーのパンツと黒の靴を繋ぐのは
グレーのタイツもしくはストッキング。

そこをスキンカラーにして、
肌のベージュ色を活用してみる。

トップスはシークレットクロゼットの
ネイビーブラウス。
恒例、掻痒感の秋ゆえ肌に触れる素材は、
コットンかシルクを選択してます。
痒いのは首から少し下、手先、頭だけなので、
花粉かなぁとずっと思ってますが、
相変わらず血液検査しても原因わからず。

皮膚科で抗アレルギー剤いただいたけど、
全然効かず、
結局薬を変え、倍量にして落ち着く。

なにかと話題のヒルドイドも手放せません。
因みに同じ成分のものが薬局にもあるので、
美容目的なら薬局で買えばよいかと。
それでもお安いですからね。

おっと脱線。

コートだけでなく、靴も古い。
パンツは15年、バッグもそろそろ10年選手。
これではただのケチな古い人ですな。

アクセサリーはTのハードウェアシリーズを重ねます。
そしてぜんしん唯一の色はルージュの赤。
今年の新作、
パッケージも赤いヌメロ・ルージュです。





[PR]
# by millei | 2017-11-18 07:52 | | Comments(0)

久しぶりにスニーカー。
スニーカーとデニムを合わせるのは好きではないけれど、
ブーツカットで靴自体の存在感を消す方法なら。

e0268763_20505518.jpeg

スニーカーはシルバー。
トートバックでもう一度この色をリフレイン。

荷物が多くて黒のトッズナイロンバッグも持ってしまったが、金具がゴールド。こういう画竜点睛にかけるコーディネートが多く、
いかに自分がだらしない人間かと情けなくなる。


このスニーカー、やっぱり内反小趾の出っ張りが痛くなるなぁ。ボール位置があわないのかも。
デニムはブーツカット。結局一番似合うのはこれ。ダメージの入ってない綺麗なものでこのくらいスタイルアップするものが欲しいのだが。自分で見つけられるかしら。

[PR]
# by millei | 2017-11-14 20:49 | | Comments(0)

ミニトマト収穫

熟れすぎたミニトマトを鉢に植えておいたら、
ちゃんと育って、収穫の時を迎えました。
e0268763_13450016.jpeg

市販のトマトは植えても結実しないと聞きましたが、
ちゃんと食べられる質のものがなりました。

e0268763_13462436.jpeg

まだまだ沢山青いトマトがなっています。
10月雨の日が続いたため、実が育つのが遅れ気味なのかも。

このトマトの種も少し保存しておき、
来年はプランターにひと月くらいの間隔をおいて、植えていこうかと計画中。


[PR]
# by millei | 2017-11-12 13:44 | 園芸 | Comments(0)

過ごしやすい秋の陽気。
アウターにベージュのトレンチを選ぶことが
増えています。


昨日は
ネイビーのプルオーバー
ネイビーのパンツ
ブラックの靴

その上にベージュのトレンチ。

ここまでで、ネイビー、黒、ベージュと三色使っています。

バッグは前日も使ったグレーのジャックルコーを手に取り、
ん?と思ったものの、時間もなくそのまま外出。

ずっと違和感が拭えませんでした。

コートがなければ、
ネイビーとグレー、黒少量で悪くないけれど。

コートをネイビーにすれば問題はないものの、
パンツと合わせるときは、
短めのキッズサイズBurberryが好適。

となるとバッグはグレーではなく黒にしたいのですが、
A4サイズが入るものは、主に雨の日用にしているトッズのナイロンのみ。
実はザネラートを持っていたのですが、
どうしても重みに耐えきれず、バザーに出品。
どうやら300円で買ってくださる方がいらしたみたい。
余談ですが、
バザーは、オレンジの箱にはいってようが、
ブルーの箱のだろうが、
お値段一律!
元値もブランドの付加価値一切関係なし。
バッグはバッグ、小物は小物だと気がつかされました。


というわけで、A4サイズで軽い黒のバッグが
欲しくなりました。

600g以下希望。

バッグの軽量化問題もなかなか深刻です。
軽くても、いかにも安普請なつくりは避けたいし、
カジュアルになりすぎるのも困るお年頃。

きちんしていて、レストラン、劇場にもそのまめ持っていかれて、
軽いバッグ。もちろんおばぁちゃんぽく見えないものでね。
注文多すぎ?

おしゃれな友人はいち早くゲラルディーニにシフトを採用。デザインと色を選ぶと以外にシック。でもそれって本人が素敵だからかも。

金具があると重くなるから、
金具無し、できればトートではなく、
ボックス型で。
当面はトッズか、ハンドバッグとサブバッグ二個持ちでしのいで、
軽い黒バッグを探したい。

ベージュのトレンチのコーディネート
イメージは
e0268763_09335562.jpeg


三尋木さんのこのカット。
靴でもベージュと黒をリフレイン。
ベージュと黒のコンビの靴も欲しいと思い続けているアイテムですが、
細幅では難しくて。
ベージュこそ色味が大事なので、
これ!という色でかつコンビデザインが
見つかる可能性は低いのですが、
諦めずに探し出したいアイテムです。
顔映りには反映されにくいけど、
コートとの繋がりは大事なので。


[PR]
# by millei | 2017-11-10 09:14 | | Comments(1)