「ほっ」と。キャンペーン

2年目のコート

昨年思いがけぬ出会いがあった
メルトンのピーコート、
2年目を迎え、出番が増えています。

どっしりした生地ゆえ、
暖かさは抜群、手持ちの中では、
モンクレールのダウンより暖かく感じます。

e0268763_14353359.jpg

エディ・スリマン時代のサンローラン。

鋭角的な襟の形状、
ウエストのシェイプ、
肩のライン
肩からウエストにかけての絶妙なライン
私が着ると、膝上丈になることもあり、
ピーコートといってもスポーティな
印象はなし。

e0268763_14422952.jpg
モデルさんが着ると、こんな感じなのですが、
ここから脚を30センチくらい短くすると、
私になるという…。

今のところ、膝上丈のスカート、ロングブーツと合わせるのが圧倒的に多い。

身体に馴染ませるのにはまだ時間がかかりそうですが、ゆっくりと自分のものになっていくのが楽しい、着るたびにトキメク一枚です。




[PR]
# by millei | 2017-01-16 14:30 | | Comments(2)

2017始動

新年か穏やかに始まりました。

e0268763_21523290.jpg

実家の水仙。
今の家に引っ越すおり、
母が球根を掘り起こして、
持ってきたものです。
ただ地植えしているだけですが、
毎年この時期に清楚な姿を見せてくれます。


さて、今年はどんな一年になりますかしら。

ファッション面では、自分スタイルを見直し、再構築を進めてきたこの数年、
靴問題は相変わらず抱えているものの、
好き、かつ、似合う
スタイルを突き進みたく、
統一感のあるワードローブを作り上げていきたいものです。

そのためには、むやみに買わない。
もうこれに尽きるでしょう。

店員さんの押しに負けて、
なんとなく流行に乗って、
違うものが着てみたくて、
セールだから

そんな理由での衝動買い、
これこそがワードローブが混乱する原因。
それがわかっているのだから、
もう危ないところには近づかないに限ります。

「私、衝動買いはしないので」

お断りするときの決まり文句です。


分相応か、
本当に必要か、
心の底から欲しいのか、

自問自答すると、ものへの執着は
波が引くように遠ざかっていくのです。

でもお買い物をしないわけではない。
これからの自分に本当に必要なもの、
そしてたまには自分を甘やかすもの、
よく考えて、ストレスのない買い物をしようと思います。

自分のベーシックを守りつつ、
上手に流行とおつきあいするのが課題。


ベーシックはほぼ固まりつつあり。
シンプルで質のいいもの
コンパクトなシルエット
一捻りあるデザイン

たとえば
Vネックニットにコクーンシルエットのスカート
シルクのブラウスにAラインのスカート
ワンピース

以前よりパンツが減ってスカートが増えてきました。ヒップラインが微妙に変化してきたので、パンツスタイルは厳しくなってきています。
その意味でも、秋早々に手に入れたフォンタナのクレープ素材9部丈タックパンツは大正解。
秋以降パンツはこれしか履いてないほどです。
そろそろフルレングスのパンツとはお別れかも。

反対に、ワンピースは今後のワードローブの中心になっていきそうなアイテム。サイズ問題かあるので、オーダーもうまく利用しつつ、
少しずつ強化していきたい。
ワンピースとあわせるカーディガンやノーカラージャケットも必要です。

ワンピース、スカートが増えるということは、
きれいなラインの靴の出番。

細幅パンプスのバリエーションをもう少し増やしたい。
ジャンヴィトやマノロのスエードネイビーを見るたびに、ため息の昨秋。
この色!質感!!
痛くない、脱げにくいだけでは、満たされないのが靴というアイテムの難しさ。
パテントには皮膚が負ける。
スエードはすぐ伸びて履けなくなる。
結果カーフしか履けない…。
足元というコーディネートの基盤で
まだ自分のベーシックが確立できていない。

細幅パンプスから定番になるものを探すのが今年の課題です。

もう一つ、シンプルな黒のパンプスも揃えたく。ここは形や素材にこだわりたいので、
細幅云々よりも、デザイン優先。
仕事関係のちょっとしたレセプション、
喪の席までカバーできるもの。
帰りはタクシー、もしくは履き替え、
地下鉄の階段など靴が飛んでいく危険ゾーンでは履かない。
あくまで'静'の靴として。

ジュエリーに関しては、ほぼ揃っていますので、
あるものをどう使っていくのか、
組み合わせ方の研究を。

青い箱のダイヤピアス、ネックレスが無性に欲しかった時期もあるのですが、
ジュエリーは受け継ぐもの
という母の言葉に従えば、
既に受け継いだものがあり、
かつ受け継いでくれる子孫がいないのだから、
私の代でジュエリーを増やしてはいけない、
あるものを使い尽くすのが私の役目。


コマダムからマダムへの移行期の今、
大振りなものも取り入れながら、
ジュエリー使いのレッスンを。
e0268763_09170054.jpg

こんなネックレスもさりげなく使えるように。
これつけてると凄く褒めらます。
このサイズはもう殆ど出てこない、と伊勢の方。

といいつつ、ピアスを買った時に目にした、
マルチカラーのパールネックレスには目がハート♥️。今後もし買うとすれば…かな。
ファッションとの付き合い方のお手本は
とあるアートアドバイザーの方、
服を増やさす、厳選されたアイテムでコーディネートされ、洗練されたスタイルを確立していらっしゃる。
買わないオシャレ のお手本にさせていただいてます。インスタグラムを拝見するためにアプリ入れちゃっいました。

皆様のブログも素敵なお手本、
なかなかコメントできていませんが、
密かに頷き、反省し、大いに刺激をいただいています。

買い物ネタはさらに減る予定ですし、
マイペースの更新ですが、
本年もどうぞよろしくお願い致します。










[PR]
# by millei | 2017-01-01 21:46 | ご挨拶 | Comments(0)

今年手に入れたものの中で、
とりわけスペシャルなもの、
これから核になるであろうアイテムが、
バロックパールのピアスです。
e0268763_23055145.jpg

パールは大好きなアイテム。
シンプルなピアスはサイズ違いで三つ
バロックは下がるタイプを一つ
翡翠とパールを組み合わせたものを一つ

と既にいくつかのタイプを有しています。

それでもスタッドタイプのバロックが欲しくて、
機会を待っていました。

この秋憧れていたブランドがデパートに期間限定の出店をされ、満を辞してのお買い物となりました。


アコヤの魅力はグレース&モデスティ、
例えて言えば、マーゴ・フォンテイン。
控えめながらも非の打ち所がない、気品が輝く。

整った容姿の持ち主であれば、
アクセサリーはパールのピアスだけ、
そんな禁欲的なおしゃれが似合うけれど、
残念ながらあちこち歪、古典的とは間違っても言えない私には、
非対称で個性があるバロックのほうが似合う気がして。

そもそも母は明らかにバロック好きで、
ちょっとしたコレクションのように持っていました。
彼女のものは巨大粒のものやボリュームのあるものが多かったので、
私には似合わず、
親戚や母を知る方のなかで、使ってくださる方に差し上げ、
それでも残ったものは墓地の土に還しました。
私の手元にはネックレス三本と、黒真珠の指輪、
ピアスにするグレーのバロックが二粒。

店頭に伺った日はブルーグレーのバロックパールのネックレスをしていき、
他に南洋黒真珠のかなり大振りのネックレス、
オーロラ・ケシパールの100cm5連があることをお伝えし、
できればそのどれとも合わせたいとご相談。

色、形、照り、サイズ、様々な要素を違えて
いくつも見せていただいたなかで、
結局は最初に目に留たものに行き着きました。

もっと大きくて、高価なものもあったけど、
私に似合うサイズ感、改まった席でも日常でも使えることを踏まえて。

パールのこと、ファッションのこと、
若い頃愛読していた雑誌のこと、
母のこと、
色々なお話をしながらのお買い物、
とても楽しく、充実した時間でした。

グレーというより、シルバーのような光を放つ、
耳朶からこぼれ落ちるような雫型のピアス。


優等生ではない、
整っていない、
どこへ行っても規格外でセオリーにあてはまらない私とは
どこか通じるものがあるみたい。


ほぼ毎日このピアスだけをつけています。
一緒にいる時間を長くとることで、
ピアスとの距離も縮まり、
どんどん自分のものになっていると感じる。

これからの私のベーシックアイテム、
長く大切に付き合っていきたいピアスです。

[PR]
# by millei | 2016-12-30 22:36 | | Comments(0)

腰痛治療その後

腰痛とお尻の痛みで歩くのもつらくなったのは9月の終わりのこと。
周辺の筋肉に負担がかかっていること、
具体的には腰椎と股関節の軟骨がすり減っている、
と診断されました。
昔からある股関節の違和感、歩いていると突然足の付け根が抜けそうな
変な感覚に陥ること、の原因は股関節のはまりが浅いからだとわかったのもこのときです。
(先天的??? )

歩き出したころの写真を見ると、かなりのX脚、
手を握り締め腕をつっぱらせて頑張ってる感じなので、
身体をこわばらせて立つのは歩き出した当初からみたい。
そりゃあ、軟骨もすり減るわね。



変形性腰椎症・股関節症。

これ以上負担をかけない姿勢をつくるためのリハビリトレーニングがはじまりました。
最初は数日おき、現在は週1で通院しています。


が、実はまだトレーニングはほとんどやってないんです。

W H Y ???


身体が固まり過ぎてて、動かすべきところが動かない…。

そのくらい身体が固まってるのです、私。


今行っている病院はトレーニングに力をいれています。
亡くなった父もこちらのトレーニングで、
脊椎管狭窄症の痛みが軽くなったと喜んでいました。
トレーニングを続ければ効果が出てくるのだと思います。

私はその手前で足踏み三か月。

下は小学生から上は高齢の方まで、皆さん地道なトレーニングに精を出して
おられるのですが、私はもっぱら骨の周りをほぐして、ストレッチしていただくだけ。
先生が頑張ってて、私は寝てる、一人だけ楽してるみたいな…。



脚の裏側のストレッチ、ついで腰部のストレッチの宿題は出てます。
それを真面目にやっているのだけど、ちっとも柔らかくなっている実感がない…。
でもPTの先生は、本当にわずかではあるが、
動きが出てきているので、この調子で続けていきましょう、
股関節がはまる骨盤の位置があるから、そこでキープできるように、
姿勢維持筋をつけていきましょう(かなり意訳)、と励ましてくださる。

今週は胸椎にアプローチする宿題が出ました。
え、そんなに動くの???って感じ。
動くんだろうな、普通の方は。
胸椎に動きが出れば、前に突き出ている肋骨下部もひっこむかしら。


体幹トレーニング(アライメント矯正)に行っているときに、
トレーナーがおっしゃっている言葉の字義上の意味は理解できても、
具体的に何をどうせよと指示されているのかがわからず、
途方にくれたものですが、
今思えば、私の身体では固まっていた部分なので、
自分の中でそこを意識できないし、動かせるという感覚をもっていなかったんだろうなぁ。


あんまりに何もできなくて、自分の身体、ひいては知性に欠落があるのでは、
と落ち込むようになっていたけど、落ち込んでいる間にも身体にはどんどん負担がかかって、
痛みという信号が出たのでしょうね。

自分としてはせめてあと20年くらいは、自分の足で歩いて外出できるように頑張りたい。


来年は、身体を緩めてトレーニングをはじめるのが目標です!!







[PR]
# by millei | 2016-12-29 09:48 | 美・健康 | Comments(0)

プチプラの底力

 年賀状約100枚も無事25日に投函、既に脱力状態です(笑
ずっと両面手書きにこだわっていましたが、喪中はがきをつくったときに
ご挨拶と自分の住所氏名の印刷を業者でしていただいたら、やっぱり楽で…。
 今年は一言メッセージと宛名を手書きする形式にしてみました。
時間は短縮できますね。
宛名を書いてて、字が下手になったなぁと実感しまして、
ペン習字の本を買ってみたりして。

 来年は手で書くことに少しこだわって生活しようかなと思っています。


 さてさて、メイクとコスメのお話しが終わっていませんでしたね。

長井さんのご著書に触発されて、毎日きちんと同じ工程でメイクすることを
心がけるようになりました。
具体的な手順については本をご覧いただくとして(ネット記事もでてきます)、
今回は本を読んで買ったもののなかでもプチプラものをご紹介。


マスカラはセザンヌです。ご存知ですか?セザンヌ。
ドラッグストアで売っている、プチプラコスメ。
私が中学生のころにはあったと思います。

このマスカラがとても優秀!
長さも出るし、きれいについて、粉飛びもありません。
私の目、よくマスカラの繊維が入るのですが、
今のところそういうこともない。

マスカラ、さんざん色々使ってきたけど、
これで何の問題もないので、当分はこのセザンヌを使うつもりです。
お値段もびっくりするくらいお安くて、1000円しませんの。

セザンヌはアイシャドウの色出しもよいので、
実は愛用のシャドウがあります。
モーブブラウンという4色シャドウ。
ブルーベースでも使えるブラウンシャドウとしてネットで紹介されていたのです。
そしたら確かにとても使いやすいのです!ココアブラウンで。
ナチュラルにしたいときはコレですが。最近あまり店頭にないんですよねぇ。
困ったな。見かけたら二個くらいかっておこう。

さすがに持ちはそれほどよくないのですが、
クリームタイプのベースなどをつかうことで、落ちにくくなります。


アイライナーはエテュセ。はいこれもドラッグストアでよく見る
若い子用のコスメ(と思っていた)ですが、なかなかよいです。
このライナーは適度に柔らかくて描きやすく、落ちにくい。
夜までしっかりラインが残っています。
アイライナー、どうしてもした瞼に転写してパンダになっていたのですが、
メイク本に出ていたテクニックとこのライナーでパンダにならなくなりました。

エテュセって資生堂が元会社なんですね。
メイク本では、目の下にはピンク系の下地を勧めていて、
手持ちのクレドポーがなくなってので、今はエテュセを使っています。
乾燥したりもしないし、ちゃんと明るさを出す役目は果たしているので、
クレドでなくエテュセでもいいかなぁ、と。同じ資生堂だしね。
愛読している皮膚科女医さんのブログによると資生堂の研究力は群を抜ている
とのことなので、プチプラものでも質はいいのではないかと勝手に思っています。

プチプラものって、容器は簡素ですが(セザンヌのシャドウ、一度落としたら蓋が割れた)
高額ブランドものにはない、面白いコスメが見つかったりするので、
時々チェックするようになりました。流行色なんかはプチプラで十分だし。
コスメも消費期限があるので、そういうことを考えるとブランドコスメを何年も使うより、
プチプラでどんどん新しくしていくほうがいいのかも。
アイシャドウなんて全然減らないので、すぐに数年たっちゃいますが、
海外のものは、24mとか18mとか期限が書いてあります。

口元は気にしていたけど、アイメイクものの消費期限なんてあまり意識してなくて(汗
マスカラは3か月だったかな。3か月じゃとても使いきれませんよ。
目の周りは雑菌の繁殖も心配なので、特にマスカラやライナーなど目に入りやすいものは
気を付けたほうがいいですよね。カウンターまで買いにくのが億劫でつい期限を超えてしまったり
しがちな私なのですが、どこでも簡単に手に入るのもプチプラのよさ。
毎日きちんと使って、期限内に買い替えようっと。

プチプラではキャンメイクも好きですよ。
マスカラベースはここの(長井さんもおすすめ)。
赤リップはここのティントタイプをこの秋買って愛用してます。








[PR]
# by millei | 2016-12-28 09:57 | 美・健康 | Comments(0)